「ベストゲーム」- The Best Game

イメージ
ワークショップインフォメーション      参加費 10,000円
  • すべてのワークショップは、定員100名です。(女性52名、男性48名)
  • 「もし世界が100人の村だったら」(マガジンハウス)、「もし地球が蝶になったら」(ほんの木)を読んで参加してください。「もし世界が・・・」(7月7日発売予定) は、各申込先で注文すると、1割引になります。
  • 当日参加者に用意していただく物:参加証(はがき)、昼食、名刺105枚、好きな色のマジック、好きな本1冊
「100人の地球村ワークショップ」の目的
 ノリハドル氏が世界中で分かち合っている「ベストゲーム」の手法と、2冊の本 (「もし世界が100人の村だったら」と「バタフライ」)を使って、より平和 で持続可能な未来を創造していく仲間を見つけ、ネットワークを広げる。日本で ベストゲームを立ち上げ、プレイヤーと指導者を養成する。今回はその第1弾。

<参加方法>
1、参加したいワークショップの申込先に電話で予約する
2、郵便局から参加費を振り込む(入金先着順で、定員になり次第締切ります)
3、7月初旬に参加証(はがき)が届く
4、当日、参加証と記載された持ち物をもって15分前までに会場へ

参加までに読んでおくと役に立つ本
  地球と一緒に生きる(八月書館)
  非戦(幻冬舎)
  紛争の心理学(講談社現代新書)
  アミ―小さな宇宙人(徳間書店)
  人生を変える力―第11の予言(角川書店)
  経済成長がなければ私たちは豊かになれないのだろうか(平凡社)
  アマゾン、インディオからの伝言(ほんの木)
  環境破壊のメカニズム(北斗出版)
  ニンジンから宇宙へ(スパイク)
  新地球村宣言(ビジネス社)
  環太平洋インナーネット紀行(NTT出版)
  奪われし未来(翔泳社)
  超自然派生活のすすめ(大和出版)
  なぜ世界の半分が飢えるのか(朝日選書)
  神との対話(サンマーク出版)
主催者からメッセージ
イメージ ノリ・ハドルさんと初めて会った日のことは、今でも鮮明に覚えています。ポールウィンター(ザトウクジラの歌を世に広めたサックス奏者)のコンサート後の楽屋裏で、目が合った瞬間に「YOU!」とお互いに指差し、飛び上がって喜びました。私たちは、互いの存在がそれぞれの人生にとって決定的に重要であることを、瞬間的に「知って」いたのです。あれから12年がたち、いよいよ彼女の仕事を日本に紹介するときが来ました。このワークショップを通して「ベストゲーム」のゴールに本気で到達しようとする仲間を、日本中に見つけたいです。
 

きくちゆみ ハーモニクスライフセンター代表
グローバルピースキャンペーン発起人 http://globalpeace.jp